バスケットボールの審判員資格を取得したきっかけ

初心者バスケ審判

バスケットボールの審判員資格を取得したきっかけ

2019年4月7日

こんにちは!マー坊です!

今回がはじめての投稿となる第1回目の投稿は、僕が「バスケットボールの審判員資格を取得したきっかけ」です。

最近挑戦したこと、していることを思い返すと、バスケットボールの審判員。
現在、審判をすることが楽しくなって経験年数は5年目に差しかかろうとしています。

当時僕はバスケットボール自体、学生時代に体育やレクレーションくらいでしか経験がなく、ルールなんてよくわかっていなかったです。
なぜバスケットボールの審判員資格を取ろうとしたのか、目的は?

そんなところをこの記事で書いていきたいと思います。

バスケットボールの面白さを知った!

子供が小学生4年になってミニバスケットボールクラブに入団しました。

初めて応援しに行った大会が4年生以下(ジュニア)の大会です。
普通のスポーツ観戦とは違い、我が子が出る試合はいつの間にか熱くなって、応援する声も大きくなっていったのを覚えています。

それからというもの、バスケットの試合を観戦することがおもしくなり、度々練習試合や大会に足を運び応援に行っていました。

 

審判員として活動するには一歩踏み出す勇気が必要。

子供が5年生になる頃、ある保護者さんからこんな打診がありました。

保護者

バスケットボールの審判資格を取ってみない?

そのとき、バスケットボールの審判をやってみたい!やりたい!という気持ちがあった反面、バスケットルールも知らないのにコートの中に立って正しくプレイをジャッジできるだろうか、責任重大でもあることなのでと臆病になっていました。

また試合中の審判員がミスジャッジなどしたりすると、観戦している保護者、対戦チームの監督やコーチなどから罵声や注意など叱られているのを見ていたので、そういったことも覚悟しないといけません。

もちろん、バスケットボール未経験ということもあり仕事の傍、ルールブックを見て勉強していく必要もありました。

メモ

ミニバスケットボールの運営では、クラブチームの監督やコーチだけではなく、保護者の協力も必要なことも多くその一環として、保護者がクラブの帯同審判員として審判員資格を取得しないといけませんでした。必須ではなく、できるだけ協力していこうというものです。

 

決めた!バスケットボールの審判資格を取る!

日々のバスケットボールの練習や大会を観戦している中で、子供たちは監督に叱られたり、試合に出れなかったり、思ったプレイができず泣いたりとしながらも、挑戦しています。その中で少しづつ成長している姿に気づきました。

また、子供たちの試合に勝ちたいという気持ち、悔しい気持ち、また楽しさや、嬉しさなど、子供たちのバスケットボールに対する真剣かつ素直な気持ちもすごく伝わってきました。

そんな子供たちを見て、僕は「バスケットボールの審判の資格を取るのに何を臆病になっているんだろう」と思い恥ずかしい気持ちになり、

決めた!

「子供たちのために僕も何か協力したい!」→「バスケットボールの審判員資格を取るぞ!」

子供たちとバスケットボールを通じて、一緒に成長していこうと決めた瞬間でもありました。

 

「挑戦する」という大切さを教えてくれたのは子供たち

社会人になってから新たなことに挑戦することってあまりなかったような気がします。

挑戦するということは自分が成長するための条件でもありますし、これまで久しく挑戦していなかったと気づかされました。

子供たちの精一杯頑張る姿を見て、僕もバスケットボール審判という未知の領域へ入っていき、子供たちと共に成長し感動を共有していきたいと思いました。

 

-初心者バスケ審判

© 2020 楽するわーく