恋人の日

記念日

【恋人の日(6月12日)】由来、何をする日なのか解説!さらにおすすめの贈り物も紹介!!

 

6月12日は「恋人の日」。

とはいえ、

どんな由来があるの?

何をする日なの?

 

クリスマス、バレンタイン、誕生日など1年のうち、大切な恋人と過ごせる日がいくつかあります。

さらに、6月12日の「恋人の日」もそのうちの一つ!

クリスマスなど、メジャーなイベントに比べて知っている方は少ないのですが、愛情や友情を深められるとても良い日なのです

 

この記事では、「恋人の日」の由来、「何をする日なのか」などを解説していきます。

大切な人に、あなたとの素敵な思い出が残せる◯◯をプレゼントしてはいかがでしょうか?

 

「恋人の日」の由来

恋人の日の由来

6月12日の「恋人の日」は、元々はブラジルのイベントです

では、なぜブラジルでは6月12日を「恋人の日」としたのか...

 

それは、結婚や縁結びの神様、女性の守護神といわれる聖人「聖アントニオ」の持つ"恋愛のパワー"にあやかろうというものです

「聖アントニオ」は愛の説法に優れており、生前から民衆にも大変人気のある人物であったといいます。

そこで、ブラジルのサンパウロ商業協会が1952年に「聖アントニオ」の命日である6月13日の前日(6月12日)を「恋人の日」として制定したのが始まりです。

 

日本でも、1988年に全国額縁組合連合会が6月12日を「恋人の日」に制定しました

 

「聖アントニオ」のもつ"恋愛パワー"は凄まじかったに違いありません!

なぜなら、彼が死んだ後、天使が現れて街の教会の鐘を鳴らしたと言われていますから、まさに「奇跡」ですよね。

日本では、クリスマスやバレンタインデーがロマンティックに恋人と過ごす日として定着しています。

ですが、6月12日の「恋人の日」も同様、大切な人と過ごせるロマンティックな日となるでしょう。

 

では、6月12日の「恋人の日」には一体何をするのでしょうか?

次節、解説していきます。

 

何をするの?

贈り物

6月12日の「恋人の日」には、ブラジルでは、恋人や友人、家族などお互いに贈り物を交換します

贈り物としては、フォトフレーム(写真立て)が特に人気だったそうです。

 

フォトフレーム(写真立て)に、お互いの写真を入れておくことで、いつでも見ることができます。

ですから、当時の思い出などを懐かしむこともできますよね。

 

また、フォトフレーム(写真立て)は、自分ではなかなか買うことがないもの。

しかし、贈り物として贈ることで相手にも喜んでもらえたり、部屋のインテリアにもピッタリ!

 

ブラジルの「恋人の日」は、日本でいう「バレンタインデー」のようなものですね。

では次節、「恋人の日」に相手に贈るおすすめのプレゼントを紹介します!

 

おすすめのプレゼント!

フォトフレーム

「恋人の日」に大切な恋人や友人、家族に贈るプレゼントはやっぱり「フォトフレーム(写真立て)」です

理由は以下の通り

  • 普段なかなか自分で買うことがない。
  • お互いの写真を入れておくことで、大切な人とのつながりをいつでも感じることができる。
  • おしゃれでかわいいくお部屋のインテリアにもピッタリ!

現代では、スマホなどを使っていつでも写真を撮ることができ、簡単に保存することが可能です。

しかも、撮った写真を見たい時にもすぐ見れたり、仲間とシェアしながら楽しむこともできます。

 

ですが、あなたの大切な人からもらった「フォトフレーム(写真立て)」だとどうでしょう。

あなたのためにその「フォトフレーム(写真立て)」を選んだ時の様子や、あなたを思う気持ちが浮かんできませんか?

さらに貰った「フォトフレーム(写真立て)」の中に大切な人の写真を入れておくことで、より一層愛情が深くなります

 

携帯などスマートフォンがなかった時代、昔好きな人の写真をフォトフレーム(写真立て)に入れたりしませんでしたか?

机やテーブルなどの上に置いておくと、いつでも見ることができるので、嬉しい気持ちになりますよね

 

まとめ

6月12日の「恋人の日」の由来、何をするのかなどを解説してきました。

 

  • 「恋人の日」の由来は、ブラジルにおいて、縁結びの神様である聖人「聖アントニオ」 の"恋愛パワー"にあやかろうというもの。
  • 大切な恋人や、友人、家族へ贈るものとして「フォトフレーム(写真立て)」が人気!

「恋人の日」はクリスマスやバレンタインに比べ、まだまだ認知度が低いです。

ですが、大切な人との思い出を一つでも多く残しておくためにも、「恋人の日」にお互いにフォトフレーム(写真立て)を交換してみてはいかがでしょうか?

あなたの気持ちを形に表すことによって、相手により一層愛情が伝わることとなりますよ。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マー坊!

元会社員(SE)で現在WEB系フリーランスのマー坊です!✨ 会社員のころは、とにかく働くばかりで毎日がつまらなかった... フリーランスとなり割と心にも余裕ができたことで「働く」だけでは、人生がもったいない!と気づきました。 また、小さな日常にも楽しいことはあるんだなと思ったんです。 そこでこの記事では、「日常や趣味も楽しみながら働く」ことをコンセプトとし、主に以下のことについて書いています。 ✔︎会社員の悩み ✔︎プログラミング ✔︎趣味を楽しんだり... ✔︎日常気になった出来事など

-記念日

© 2020 楽するわーく