初心者必見!PHPでホームページを作るのにどんな知識が必要か解説

副業

初心者必見!PHPでホームページを作るのにどんな知識が必要か解説!

2019年1月31日

いよいよ技術的なことに入っていきます。

実際にホームページを作っていくときに必要なコーディングというもので、コンピューターに処理を依頼するためのプログラムを作成していきます。

副業・在宅ワークでのWEBのお仕事はPHPはもとより、以下の技術も要求されますのでしっかりと学んでおく必要があります。

HTML

HTMLとはHyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略で、Webページを作るためのマークアップ言語です。

私たちが普段ブラウザで見ているWEBページはほとんどはHTMLでできています。

ブラウザの画面上で右クリックし「ページソースを表示」と押すと英語が並んだ画面が表示されますが、これがソースコードとよばれ、WEBページの表示(文章構造を定義)をブラウザに命令し画面に描画しています。

その命令はタグと呼ばれる記述方法にて実現できます。

例えば、画像を表示する場合は「imgタグ」です。

ページ遷移などのリンクは「aタグ」など様々なタグが用意されています。

CSS

CSSとはCascating Style Sheets(カスケーディング スタイル シート)の略で、WEBページを装飾をするための言語です。

HTMLでは文章構造を定義しますが、CSSでは、見た目(デザイン)を定義しています。

家に例えるなら家の骨格がHTMLで壁の色やデザインがCSSとなりますでしょうか。

また、マウスを乗せたときに文字色が変わったり、画像が変わったりするのもCSSで実現できます。

Javascript

これは必須ではありませんが、画面上での動き(アクション)を定義します。

例えば、ボタンを押したときに注意メッセージを出したい場合や、スマホでよくある「トップへ戻る」ボタンなどはJavascriptで記述されています。

PHP

前述のHTMLやCSS、javascriptはブラウザ上での命令言語です。

ですので、ショッピングサイトなどの商品データを取ってくるといったことは基本しません。

ここで、そのショッピングサイトのデータであったり、あらかじめ(データベース)登録された顧客情報を表示する場合にはPHP言語を記述していきます

要するにWEBサーバーで動作するものがPHPということです

例えば、ブラウザから入力された顧客情報(名前)などを元にデータベースに登録してある膨大な顧客情報の中から一致する情報を取得したり、お問い合わせなどのメール送信もPHPで行います。

PHPなどサーバーサイドの言語を使用したページはHTMLやCSSで書いた静的ページに対し動的ページを呼ばれます。

まとめ

以上4つの言語技術が必要となってきます。

ある条件にしたがって表示させるデータを必要としない静的なページであればPHPは不要ですが、今般ではそのようなWEBサイトは少ないでしょうし、ユーザーも日々新鮮な情報を欲していますのでやはりPHPを使っての制作は不可欠ではないでしょうか。

PHPを使えることで、色々なサービスサイトの制作も可能ですし、またそのほかのサーバーサイド言語と言われるJavaやperl、pythonといった言語の習得も容易になります。

-副業

© 2020 楽するわーく