警察官試験に不合格...でもその経験は学習塾で活かすことができた。

警察官採用試験

警察官試験に不合格...でもその経験は学習塾で活かすことができた。

警察官試験不合格...

再び挑戦する気にもならないし別の公務員試験も受ける気力もない、就職するしかない。。。

でもこの警察官になるため沢山勉強をしてきたしそれを役立てたい。何かないのだろうか?

 

警察官試験で不合格となり、その後学習塾(個別指導塾)で働いた経験のある僕が、こんな疑問に答えます。

 

学習塾の仕事は100%活かせる

警察官試験(一次試験)の内容は一般知能、一般知識(英語、国語、数学、社会、政治経済、理科、物理、化学...)と多岐に渡ります。

一方、学習塾の指導内容はというと同じ英語、国語、数学、社会、政治経済、理科、物理、化学...と全く同じです。

このことより学習塾(個別指導塾)への再就職などに活かせます

 

自信がない苦手教科はどうするの?といった疑問はありますがその辺も解説していきます。

 

警察官試験に向けてあらゆる教科を猛勉強した。だから勉強内容は理解できています。

大卒警察官試験を目指したのであれば高校程度の学力が必要ということで、ある程度難易度も高いのが特徴です。

それをあなたはしっかりと勉強してきたはずです。

苦手科目があってもそれを克服する努力、得意科目を伸ばそうとする努力をしたと思います。

そういった苦労をしたのだから学力は確実に身についているし経験に基づいた指導も可能です。

学習塾(個別指導塾)の仕事はあなたにとって最適な就職先となります。

特に個別指導塾であれば生徒とも親密に指導できるので、あなたが苦労してきたことを伝えやすいですよ。

 

学習塾(個別指導塾)で2つの教室を塾長として掛け持ちした話

警察官試験を通じて、5教科に加え、論作文や面接などを勉強した経験は非常に役にたちました。

その甲斐あって、僕は学習塾(個別指導塾)で働くことができ2つの教室を受けもち5教科を指導することに加えて論作文、面接まで対応しました。

あなたは生徒の「分からない」を「分かった!」変える手法を知っているはず

警察官試験は幅広い教科からの出題でした。その中であなたが苦手とする科目などあったと思います。

でもそれを克服する努力、克服するにはどうしたら良いだろうと悩んだはずです。

 

生徒にとっても苦手や難かしい問題はありますが、それをどうやったら解けるようになるか、さらには得意科目にするかを先生は考えなければなりません。

 

生徒の質問にも同じように一から絵や図を書きながら、途中こちら側から質問をし答えを聞きながら正確な回答に導いてあげていました。

僕なりの解法により生徒に指導することができていました。

 

論作文や面接まで指導できた

年が明けると、私立入試や推薦入試が近づいてきますので、それを受ける生徒たちの論作文や面接の指導にもあたっていました。

生徒にとって論作文や面接というのはなかなか勉強する機会がないと思います。

 

高校入試であれば論作文や面接が初めての生徒が多いはずです。

なので、生徒たちの苛立ちや不安を受け止め、僕と同じ経験をしている生徒たちに指導できるのは警察官試験勉強をしてきたからこそなのだと思います。

 

生徒に質問された問題に即答できない場合

学習塾(個別指導塾)で先生が答えられないとなると焦りますよね。

生徒に「え!?先生解けないの?」と茶化されることもありました。

 

特に英語の長文問題に関することは即答できないこと、沢山ありました。

まずは長文を読んで理解しないといけませんからね。

僕にとって警察官試験の最後まで苦手ということもあった教科です。

 

でも、こういう場合って結構他の先生も経験ありです。

じゃどうやって対応するのか?というと、

生徒と一緒になって一つずつ解いていくというのが一番いいやり方です。これ、分からないからごまかしているのではないです。生徒に勉強のやり方を教えているのです。

 

ある意味、学習塾(個別指導塾)って勉強だけ万能であっても続けていけません

なぜなら、生徒も人間であり感情もあります。逆に勉強が万能だけな先生だとおもしろくないので生徒も寄り付かないですし質問もされません。

生徒はおもしろく楽しく学べると理解が容易となり勉強も進んでやります。たまに先生を茶化したりと。

そのため、まず親身になって寄り添うことが大事です。

 

まとめ

警察官試験に不合格となり、再チャレンジしない場合、その他公務員試験も目指さない場合は学習塾(個別指導塾)への就職をお勧めします

警察官試験に向けて勉強してきたことは決して無駄ではなくむしろ学習塾(個別指導塾)で100%の成果を発揮できるはずです。

あなたが悩み解決してきた経験を、学習塾の生徒たちに教えてあげられる絶好の就職先となります。

あわせて読みたい
確定申告
確定申告は家のネット環境さえあれば誰でもできる

続きを見る

-警察官採用試験

© 2020 楽するわーく