円満退職を考えるより 今後のあなたの未来を考えよう!

サラリーマン

円満退職を考えるより 今後のあなたの未来を考えよう!

2019年5月16日

退職したい...

でも、上司や会社から嫌味や文句を言われそう...

退職の意を伝えた後の、賞与など待遇も気になる。

なるべく円満に退職したい!

こんなことは退職の際、誰しも思うこと。

会社や上司と揉めて、退職日まで気まずい雰囲気で過ごしたくないし不利益となることもされたくない。

また、せっかく心に決めた退職なのに長々と説得されて嫌な思いもしたくはないですよね。

結論から言うと、退職すると決断したら今の会社のことよりも退職後のあなたのことを考えて行動すべきです

退職するかどうかを決めるのはあなたです!

退職を考える時、決め手となるものが必ずあると思います。

人間関係、仕事内容が合わない、仕事が辛い、休みがあまりなくて辛い、給料が安い...

それはあなた自身が感じている会社に対する不満。

不満を思ってまで我慢してその会社に居座る必要はないです

我慢して何か良い方向に変わるものがあれば話は別ですが、それがないのであれば誰に何と言われようが退職を決意したことは決してブレてはいけません。

ブレるということはあなたに退職する熱意があまりない、ということです。

大事なことは退職を思った時誰かに相談するのはありだと思いますが、最終的にはあなた自身がよく考えて退職を決定することです

退職を考えるポイント

ここで退職を考える重要なポイントを解説します。

単純に会社が嫌だから辞める、といったことだけは避けたいです。

・今の会社にいることで得られるメリットはあるのか

今の会社で不満はあるけども、我慢すれば良いことがある場合には退職することは避けた方がいいです。

例えば、仕事が辛くても我慢していくことでスキルが身に付く場合です。

スキルを身につけた時に、あなたに対する会社の新たな変化があるはずですので、その時に退職するか残るかを決めればいいと思います

・退職してからのことは考えているか

退職したはいいものの次のステージは何をしますか?

再び会社員になる、フリーになるなどいろんな選択肢はありますが、あなた自身が幸せになれるような環境へ行くべきです。

給与、仕事内容...どれか一つでも満足できるようなことがあれば良いと思います。

それがあると仕事のやりがいも出てきますから

退職することに対し会社や上司の言い分もわかるが真に受けるな!

ただあなたが退職することに対する会社や上司の言い分も理解できます。

これまであなたに投資したことが無意味となることやあなたの代わりとなる人材も見つけないといけません。

会社にしてみれば損です。

嫌味の一つや二つ言いたくなるなるのもわかりますが、自分のことをよく考えて退職を決意したのだからあまり気にする必要はありません

ただ、退職する意を伝えたことで給与カット(減給)などといった不利益な扱いを受けることは、法律で許されていないので別の問題です。

また、以下は先5/13日の日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)の発言です。


労働法の改正、労働環境の変化によるものも、要因の一部であると思います。

それに最近、上場企業による「45歳早期退職者募集」ということでニュースにもなりました。

45歳早期退職の波がやってきている今、やっておくべきこと。
45歳早期退職の波がやってきている今、やっておくべきこと。

続きを見る

要するに企業にとってはもう既に終身雇用は崩れているという認識です

そういう中で会社に依存するという考えは捨てて、退職を決意したならば退職日までは義務はしっかりと果たしつつ、あなた自身のために退職後何をすべきか、何ができるかを考えるべきです。

円満退職にこだわっていると、無駄な時間だけが過ぎ去りその分チャンスなどもなくなる可能性もあります

 

-サラリーマン

© 2020 楽するわーく