障害者のための職業訓練

雑記

就労移行支援事業所が障害者のための職業訓練を探す方法

2019年2月14日

障害者に就職するための訓練をさせたい!

障害者の適正に合った仕事を探したい!

就労移行支援事業所のそんな要望に答えます。

今回の紹介するお仕事
・クラウドアウトソーシング

仕事を探す場合、県や自治体の運営するインターネットサービスや、民間の求人サイトが一般的ですが、ここでは事業所に居ながら受注、作業できるクラウドアウトソーシングを紹介します。

クラウドアウトソーシングから探す

県や自治体の運営するインターネットサービスや、民間の求人サイトから仕事を探す場合、運営者(県・自治体や民間斡旋業者)を介しての応募となります。

しかし、クラウドアウトソーシングから探すとなると、WEBから直接業者と連絡を取り合って単価などの条件・契約内容を交渉し受注、作業となるのでワンストップで完結するのが特徴です。

そのおすすめのクラウドアウトソーシングを4つご紹介します。

◉クラウドワークス

資格・スキルがなくてもできるデータ入力をはじめ、スキルを生かすライティングやロゴ作成、アプリ開発などの仕事も豊富です。

パソコンやスマホがあればいつでもどこでもお仕事が出来ます。

クラウドワークス

◉ランサーズ

こちらも資格・スキルがなくてもできる仕事、スキルを生かす仕事もあり、パソコンやスマホがあればいつでもどこでもお仕事が出来ます。

ランサーズ 

◉知識・スキルの販売サイト【ココナラ】

「ご自身の知識・経験・スキルを売り買いできる」というキャッチフレーズで有名ですね。

例えば、ライティングなどの文書や記事作成、動画編集、アプリ開発など、似顔絵やイラスト作成、占い相談といったものまで売る(出品)ことができます。

【ココナラ】 

◉サグーワークス

「文章を書く」お仕事をして収入を得ることができる記事作成サービスです。

作成した記事は、様々な企業のwebサイトのコンテンツとして利用されます。

お仕事が完了するとポイントを得ることができ、貯めたポイントは1ポイント1円で現金・Amazon ギフト券などに交換出来ます

サグーワークス

 

現代のニーズに合った幅広いお仕事から選び、また実際にしてみることで、障害者の適正に合ったお仕事が見つかればいいですね。

以上4つを紹介しましたが、その他調べてみるとたくさんでてきますよ。

また機会があればご紹介します。

-雑記

© 2020 楽するわーく